転々し、酩酊

すなわち、世界ではまだ何一つ最終的なことは起こっておらず、世界の、あるいは世界についての最終的な言葉はいまだ語られておらず、世界は開かれていて自由であり、いっさいは未来に控えており、かつまた永遠に未来に控え続けるであろう、と。(『ドストエフスキーの詩学』P.333)

『実験しない断章』という小説を書きはじめました

アルファポリス

こんな小説を書いてます。どうにか一日一回の更新を目指したいですの。

星空文庫ではなくてアルファポリスで書きはじめた理由は、インセンティブ報酬が得られるということで、ほんとうにこれでお金が稼げるならハッピー(むりだろうなあ)。
レートがどれくらいかよくわからない。あとアルファポリスはファンタジーが強すぎ、というかWeb小説がファンタジーが強いんだよなあ。異世界もの。
だから現代文学がどれだけ伸びるのだろうか、という実験でもあります。内容はまったく実験的じゃないけどね。
というか『実験しない断章』というタイトルにしなきゃよかった。でももう表紙を作ってしまったから変えないけどね。

ほんとうにお金に困ってます。ほんとうにお仕事ほしいです。