転々し、酩酊

すなわち、世界ではまだ何一つ最終的なことは起こっておらず、世界の、あるいは世界についての最終的な言葉はいまだ語られておらず、世界は開かれていて自由であり、いっさいは未来に控えており、かつまた永遠に未来に控え続けるであろう、と。(『ドストエフスキーの詩学』P.333)

ブログとダイアリー

 どちらのほうがいいんでしょうね。

 とりあえず試しにブログも使い始めてみる。
 
 と思ったけど、もう移行しちゃえ、ということでこの記事以前のものは全部ダイアリーのもので、これ以降はブログになります。